マスカラや、アイライン、ファンデーションに、口紅。

様々なコスメがあって、とても楽しくメイクをしています。

メイクする部分によって、コスメはもちろん使い分けていますが、私はメイク落としも使い分けています。

例えばマスカラ。

ウォータープルーフの強力なものは、必ず、部分用メイク落としを使っています。

普通のメイク落としでは、落とすのに時間がかかるし、こすっているうちに肌の負担となっているからです。

でも部分用のメイク落としなら、するっと簡単に落とせるので、重宝しています。

また、同じマスカラでも、お湯落とせるものがあります。

このときは、お湯を含ませた綿棒やティッシュで、きれいに落とすことが出来ています。

次にファンデーション。

普通のファンデーションなら、もちろんメイク落としで手早くなじませ、メイクをオフしています。

しかし、石鹸で落とせるタイプのもの。

私は石鹸で落とせないことが多いので、ホホバオイルをなじませてティッシュオフしてから、石鹸で洗顔しています。

クレンジングを使うよりも、もちろん肌の乾燥は感じません。

このように、メイク落としも、メイクした部分によって使い分けることで、肌の負担を減らすことが出来ます。

Valid XHTML 1.0 Transitional